埼玉県上尾市で水道工事や水廻りなどのリフォーム工事を行っている三幸システム企画です。水道工事や水廻りのリフォームなどのご相談に親切丁寧に対応します。

スタッフ紹介・スタッフのおすすめ

洗面・手洗DIY②

下準備が終わったら、加工にかかります。
加工作業では、電動工具やカッター・ノコギリなどの刃物、穴あけ用のドリルなど危険な工具を使用するので細心の注意が必要です。
ケガをしないように。
廻りの物を傷つけたり、壊さないように。
作業環境に十分気をつけましょう。


※画像はクリックすると拡大します。

まずはメラミン板の加工です。
適切な大きさの、しっかりした作業台の上でおこないます。
長い距離の切断には電気ノコギリを使います。
電気ノコギリは今回の工具の中でも特に危険な工具なので、取り扱い・作業環境には細心の注意を払います。

メラミン板の表面にはキズ防止のために、ビニルシートが貼ってあります。
ビニルシートに寸法をけがきます。
①で測った寸法よりも3~5mm程度小さめにすると収まりがいいでしょう。
ビニルシートはキズ防止のほか、チッピング(切断面がささくれ立つ事)もある程度防げるので、はがさずにそのまま切断します。

よいよ切断です。
メラミン板は表面が硬くできてますので、専用の切断刃を使用します。
定規をあててしっかり固定し(大きなクリップなどで固定すると作業しやすいです。)けがいた線に沿って、真っすぐ切断します。


作業台とメラミン板の間に厚みのある板などで空間を作ります。
電動ノコギリの刃が通るところに空間を作ります。
段差によるガタつきがおきないように注意します。
作業台に電気ノコギリの刃が当たると危険です。
メラミン板がしっかり固定できていないと破片が飛んだりして危険です。

切断が終わったら、細かい加工をします。
ドリルで給排水の穴をあける。
ヤスリでバリを削ったり、切断面を整えたりします。

切り分けたメラミン板の裏面に仮留め用両面テープを貼ります。結構重さがあるので升目状に貼ります。
固定用のボンドを塗ります。
固定用なのでタップリ塗ります。外周は外にはみ出さないように注意します。
加工編はここまでです。


一覧ページに戻る

お問い合わせ


お問い合わせ

お見積りは無料です!水道工事やリフォームについてお問い合わせ、ご要望がありましたら、
お電話(048-781-3405)または当ホームページのメールフォームでお尋ねください。
ご相談は無料です。